セディールの副作用は?

容器からこぼれている錠剤

不安に関係している部分を狙い打ち、緩やかに改善を目指してくれるセディール効果は部分的に作用します。
そのため副作用も少ないといわれているのですが、少ないというだけで副作用が全くないわけではありません。
セディールを安全に服用し、セディール効果を安心して得続けるためにも、セディールの副作用についてもしっかりと覚えておくことをオススメします。

セディールの副作用で重い症状が見られることは稀です。
主な副作用としては眠気やふらつき、倦怠感、認知機能低下、肝機能障害などがあります。
重い症状になるとセロトニン症候群を起こすことがあり、セディール効果をより高めようと思って一度にセディールを大量に服用したり、反対に急に服用量を減らしたりすると起こる危険が高まります。
混乱や興奮、痙攣、硬直、発汗といった症状が現れたときは前兆症状の可能性があるので、すぐに病院へ行ってかかりつけの医師に相談しましょう。
もちろんセロトニン症候群以外の症状でも、セディールを服用していて異変が生じた場合には服用を中断し、相談することをオススメします。
他の抗うつ薬や抗不安薬などとの併用も危険なので、避けるようにしましょう。

セディールを一度に大量に服用したからといって、セディール効果がより高まることはありません。
副作用を発症するリスクを高めるだけで大変危険なので、勝手にセディールの服用量を増やしたり減らしたりしないようにしましょう。
安全性が高いのがセディールなのですから、安全に使用するようにしましょう。