数種類の薬

不安を抑えてくれる薬

顕微鏡を使う女性

悩んだり、苦しんだりしている人も多いうつ病。
うつ病の症状を改善し、明るい気分へ導いてくれる薬が抗うつ薬ですが、一口に抗うつ薬といっても種類があることをご存知でしたか?
抗不安薬と呼ばれている薬もその中の一つで、不安感を和らげてくれる作用を持った薬のことを抗不安薬といい、安定剤や精神安定剤といった呼び方もあります。
抗不安薬といえばベンゾジアゼピン系という種類に分類される薬が使用されることが多かったのですが、即効性があって効果も感じやすいベンゾジアゼピン系は依存性などの副作用の問題がありました。
そのため抗不安薬と聞くと不安を感じる人も多くいました。

そんな中で登場したのがセディールという抗不安薬で、1996年に発売されました。
セディールはベンゾジアゼピン系ではない抗不安薬でセロトニン1A部分作動薬とも呼ばれるアザピローネ系の薬になります。
セディールによってもたらされるセディール効果は緩やかで安全性も高く、ベンゾジアゼピン系の薬のように依存性もありません。
より安全に、安心して使うことができるといえる抗不安薬が、このセディールなのです。

不安感をどうにかしたいけれど抗不安薬の副作用が心配だという方は、セディールを試してみてはいかがでしょうか?
他の薬のように副作用の心配も抑えられているセディール効果なら、緩やかな効き目なので安心して不安感と立ち向かうことができますよ。

数種類のカプセルと錠剤

セディール効果の詳細は?

セディールを服用することによって得ることができるセディール効果。セディール効果はどのような効果で、ベンゾジアゼピン系の抗不安薬とは一体どう違うのでしょうか。セディール効果についてご説明します。

中身が出ているカプセル

作用時間と適応疾患

抗不安薬には作用時間があることは皆さんご存知かと思います。セディール効果を得ることができるセディールの作用時間はどれくらいの時間なのでしょうか。また、セディール効果で改善が期待される症状は何があるのでしょうか。

容器からこぼれている錠剤

セディールの副作用は?

セディール効果を期待してセディールを服用するときは、副作用についても知っておくことをオススメします。セディールは安全性が高い薬ですが、それでも副作用が現れるときはあります。

机の上の薬

人気コンテンツ

「緩やかな抗不安効果を求めているならセディール効果」の人気コンテンツです。